• Yousuke Togashi

ニヒルなカノジョ

作詞/ivy


1粒口に入れて 静かに目をつぶる

遠くに星が見える ゆらゆら 瞬く

誰かにキスした唇で あたしキミにキスをする

だれかと同じ感触を求めてる 本当はわかってる

忘れたい って思ってるうちは 忘れらんないんだよ

ずるい よ きみばっかり 焼き付いてる

タバコの匂いも服の匂いも 笑った時の顔も あー最低

一口口に入れてのみ飲んで世界かえる

遠くに意識消える きらきら 輝く

誰かを愛した指先で あたし 君に愛してる

誰かの愛を探してる 代わりを探してる

いっそ 消したい って願ってるうちは 消せないんだよ

ずるい よ手首の傷も心の傷も すくバレる

思い返せば価値もないぐらい クズなやつだったのに

君が好きって言ったあの曲を

誰かにあたし歌ってるの

きみにきかせたいのに居ないんだもん

だって いないんだもん

誰かにキスした唇で あたしキミにキスをする

だれかと同じ感触を求めてる 本当はわかってる

忘れたい って思ってるうちは 忘れらんないんだよ

ずるい よ きみばっかり 焼き付いてる

タバコの匂いも服の匂いも 笑った時の顔も あー最低

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

問6

作詞/富樫洋介 耳が塞がってしまうほど 口が溶けてしまうほど 足が斜塔になってしまうほど いつも考えている 肩が鎧になるくらい 目が土星になるくらい 腹が閃光を放つくらい いつも考えている どうやったら君が笑うかなんてのは 永年継続していく問題で 問6の括弧が今日も埋められないのさ 問6の括弧が今日も埋められないのさ 胸が裏返しになるほど 肘が氷を砕くほど 髭が芝生になるほど いつも考えている 頭

クポポ

作詞/ivy 花飾り 魅惑 約束の海 消えたいま お揃いと 疑惑 黄昏の月 忘れたときは 果てなく続け 昨日まで 待ってるね 君のせいだよ ぱ 6じ32ふん 詮索の罠 辞めたくなった ふたりして遊ぶ ヤミクモな空 疲れた時は 踏切 近道 ひみつ ひとつちょうだい ぱ

 

©2020 by アビガシ